大晦日

2019年最後の日。

 

鹿児島の実家にいる。

年末感は、さほどない。

これは歳を取ったということか…?

昔は年末年始は嬉しかったものだけれど。

 

2019年最後の日をどう使うか、みんな悩みどころだろうが、

私は、そもそも朝3時までNHKのコント番組を見て夜ふかしをしていたので、10時ごろに起床。

親には申し訳ないと思っているが、実家の醍醐味。

 

自分の家では「ダメになってしまうから」と出していないコタツも、実家では当たり前のように居間に鎮座している。

その堂々とした出で立ちに魅せられて、コタツに潜らずにはいられない。

ダメになった。

実家に帰ってきた日は、風呂とトイレ以外でコタツの外に出たことはなかった。

廃人。

 

スーパーYouTubeタイムに勤しんでいるだけで、昼ごはんが出てきた。

美味しいご飯をありがとうございます。

 

これだけだとただのヒモなので、母の買い物を手伝いに行く。

大して手伝っていないけれど、家で寝ているよりはマシだ。

 

2019年最後の日の入りを見ようと、心躍る午後を過ごしていたのだが、

気づいたときにはもう沈んでいた。

実家の近くは西に高い山がそびえており、油断するとすぐに日が沈んでしまう。

 

山の陰から脱するべく、自らが東に移動するというチートを使い、最後のお日様を拝むことができた。

今年1年お疲れ様。

 

せっかくだし年賀状でも書いてみるかと、元日の朝には間に合わない年賀状を印刷して、手書きのコメントを添えた。

相手のことを考えながら筆をすすめるところが、手紙の魅力。

 

とはいえ、なかなか筆を執る機会はない。

でも、年に1回くらいはいいかもしれない。

今年特にお世話になった人たちに向けて投函した。

どこにいても、見えない何かで繋がっているような不思議。

 

日が暮れて、冷え込んできた。

明くる年はすぐそこまで来ている。